肩の力を抜いて一息。
a0354838_00384284.png

ちょうど今頃、試験3~4週前とは、競争全体から見ると「谷間」の時期。

①2年目Sランク
→残り事例本数から学習計画を逆算。本番で息切れしないよう、ラスト2週からピーキング。
②ロケットダッシュスト生
→「2次」学習6~7週で合格実力到達。毎日が全力疾走、事例解きまくりの猪突猛進。

この2タイプはどうやら合格率50%以上。

③分母、五里霧中
→ヨコのアイツの答案が俺には書けない。一体何が違うのか。。

そんな時こそ慌てない。もし今合格実力未達なら、それ「今までの努力の方向が間違ってる」だけ。巷で言われる通り、悪いトコ直し、「試験当日まで(または試験中)に合格実力に届く」ことで、当試験は確率20%で合格可。

タイプ①には助言不要。タイプ②③は、試験直前2週は合格答案再現力を強化する余裕を見たい。従い、何かイタズラ・イカサマやらかすには、タイプ①が小休止中のこの2週が狙い目。


■ちょっと一息①:合格予定記の執筆■

この試験の「センスのなさ」とは、猫も杓子もファイナルペーパー。

当試験の特色は、「誰かがイイ」と言ったら集団全員が右に倣えで付和雷同。「周囲と同じコトさえ書けば安心!」な試験だからやむを得ないが、何かの一つ覚えで芸がない。だから狙い撃たれて8割不合格。

そんな中、イカサマ師はニヤリとシナリオ・プランニング。周囲と同じことやってる様に見せ、中身は別物。具体的には、これまでの学習体験をまとめたり、合格体験記を先に書いたり。首尾よく行けば、それがそのまま一生モノの宝物。


■ちょっと一息②:疑似ストーリー化■

昔々浦島は、助けた亀に連れられて・・。

子供の頃に覚えた童謡は、リズムとともに一生忘れない。大事なコトは、ストーリー化してくだらなくすると、脳シナプスがヨコに繋がり、イザという時に身を助く。

例えば「浦島太郎と亀」
a0354838_00492415.jpg
画像:えほんや

・当試験、「1次」「2次」とも新作問題出題チャンスは年1回。
・受験校・試験ブログは、よってたかって1年間あれこれ分析(時に題意に反する「いじめ」風)
・亀は産卵のため、翌年も浜に戻る。だがいじめを恨み、数年に一度の凶暴化。

a0354838_00520769.jpg
これはガメラでなくゴジラ


■ちょっと一息③:試験ブログバイアス■

(筆者もそうだが)診断士試験に長期間携わったり視野が狭くなると、全体像を見誤る。

例えば(筆者もそうだが)いつまでも試験ブログ書いてる奴は、母集団平均に比べ筋が悪い。従いブログばかり見ていると、
  • 試験の競争の質を低めに評価し (コイツが受かるなら俺でも)
  • 答案の質を高めに評価しがち (合格ハロー効果)
従い、本試験中につい「色と欲」で余計なこと書いて、ハイ来年またいらっしゃい。
a0354838_00585689.png

そうでなく、競争相手4,600人がどんな連中か位は、「自分の頭で」考える。材料はいくらでもあるのだから。そして母集団の質を見極めたら、5割増し、7掛けの如く「自分なりの」レイティング。その精度が高いほど合格率UP。

自分はできないし余計なお世話ながら。当試験を巡る「合格者による勉強会」の存在は摩訶不思議。この試験の進化傾向を見る限り、早く合格したければ、試験の技を磨くより診断士たる実務力を磨く方が確実に早い。事例をつつき回すより、「合格前から企業診断に誘う」発想ぐらいは出したよね?(=つまりセルフ養成課程)


■今日のまとめ■
どうもゆるわだっぽくないが、今この「谷間」の時期は、肩の力を抜いて頭の体操。では残り3週間の学習計画は、周囲の余計なアドバイスに惑わされず、「自分で」立案済?

試験に合格する方法位は自分で考える。合格翌年つい「他人にアドバイスするフリして自分の追体験を強要」なんて事態にならないようご用心。ではまとめ。
・ちょうど今頃本番3~4週前は集団全体が「谷間」。肩の力を抜き、周囲の状況を観察。
・「周囲と同じコトやれば安心」か、イタズラ・イカサマ考えるかは自分で判断。
・時系列で事例を解くと、「受験側の対策」を上回って難化する様子がありあり。
・当試験は毎年必ず難化。翌年受験生にヘンな助言しないよう、「自力で」合格を掴む。
・当ブログ、「自分で考える」を強要したくてウズウズ。でも採用するしないは人それぞれ。
byふうじん
肩の力を抜いて一息。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

[PR]
# by dojonagoya | 2016-09-30 05:15 | 中小企業診断士試験 | Trackback | Comments(0)

中小企業診断士一発合格道場からスピンアウトした6代目とその仲間たちのブログです。


by 中小企業診断士一発合格道場 6代目