人気ブログランキング |

【財務・会計】スピテキ斜め読み#7 CF計算書

朝イチでクリック(投票)→ランクUP→1次記事に注目→競争原理で質向上。今月一杯実験中。

「ボク達が受験生を応援します!」は過去。読み手が「応援したい」ブログを選ぶミライが始まる

青菜・ナメクジに塩。
過年度生にCF。
a0354838_20532937.png

当試験の出題側から見て、受験側への嫌がらせ・目くらまし・戦意喪失させる思考麻痺の呪文が「キャッシュフロー」。だから自称先輩過年度合格者の誰に聞いても、

キャッシュフローはとっても大事!ボクのオススメをお伝えしましょうか?

いえそれ結構ですから。

オススメにツッコミドリル
・そもそも、「正味CF」⇔「CF計算書」をごっちゃにしてないか?
・#3「正味CF」は重要Sランク。企業の成長=設備投資の経済性計算に欠かせない。
・#7「CF計算書」は出題頻度Bランク。ルールに従い作るもので、自己流ノウハウ持込禁止。

ここ数年、お子様ブログの自己流CF計算書ネタ乱発が目に余る。その背景は数年ごしの誤った学習で辛酸を舐め、その辛酸を他人に経験させたい認知不協和。いえそれ結構ですから。


■数年ごしの辛酸~CFが苦手になるには■

7/15に「CF計算書は5年ぶりに出題されるか?」と書いたらホントに出た。

この時、当てたコトと外したコトが1つずつ。
○当てたコト
2次「事例Ⅳ」で、H23以来5年ぶりにCF計算書が出題
合格仮説:「5年に1度出題の法則」
~受験生が一般にカバーする過去問5年分以内から出題しないと、「知ってる知らない」の実力外で点差が開く。従い、今後出題したい知識は5年に1度は出しておくのが出題セオリー。すると次の出題はまた5年後のH33が濃厚。
×外したコト
キャッシュフロー計算書が出題されると、20点以上の点差がつく
合格仮説:「CF計算書は出題したいが、点差はつけたくない」
~H28第1問はCF計算書を問うが、営業+投資+財務CFの三位一体でなく、5分で解ける簡単な営業CFを出題。この場合、簿記「精算表」よろしく、解ける部分点を当てれば良く、営業CF計は捨ててOK。
つまり、試験慣れすると出題傾向こそ予想できる。しかし複雑系の企業会計実務は千変万化、出題パターン全てを予想はできない。ここで過年度化する方の学習傾向は、

問題集を解き、(理論そっちのけで)解答パターンを覚えることに終始。

すると易問こそ解けるが、少し捻りが入ると手も足も出ない。その解決法がなくはないが、他人に教わるものではなく、自分で探す。ではCF計算書のどこがどう面倒くさいか身構えながら、スピテキ斜め読み開始。


■重要度ミシュラン~#7日目■

論点評価H27
要復習
問題
#79CF計算書 作成プロセスCF計算書の具体例★☆☆
直接法によるCF計算書作成☆☆☆
間接法によるCF計算書作成★★☆(9)理

.

第9章 キャッシュフロー計算書
❶CF計算書の具体例S
❷直接法によるCF計算書の作成
1営業活動によるCF
1営業収入S
2原材料又は商品の仕入れによる支出A
3人件費の支出とその他の営業支出A
4その他の取引によるCF(小計以下の調整A
2投資活動によるCFA
3財務活動によるCFA
❸間接法によるCF計算書の作成S

. .

■本題:一言メモ例~#7日目■

テキストは頭から順に読む。復習時は大事な所から飛ばし読む。

そこで当メモは、全ての論点順でなく、S→A→B→Cの順にまとめて掲載。

Sがなぜ重要・頻出か。B・C論点とは何者か?

.

□S論点 頻出+理解=2次論点□

S論点とは「2次」でも問われる、つまり理解して使いこなす知識。しょっちゅう出てきて自然に覚え、覚えた後から理解に進む。

❶CF計算書の具体例
→CF計算書は財務四表の1つであり、所定の書式がある。だが書式を暗記する必要はなく、出題範囲の95%が営業CFで、残り5%が固定資産(減価償却+期中売却の処理)。難しく考えず、スピテキ先生、スピ問先生の指導通り、コツコツ解答、暗記でOK。

1営業収入
→CF計算書では、営業CFが最重要。その中で営業収入の考え方が最重要。試験対策上、実務上ともに直接法の計算出題は出ない(出ても解かなくて良い)ので、ここは気をラクにして考え方を概観。

❸間接法によるCF計算書の作成
→経理の実務はこちら。当期PLとBSの期首期末増減から営業CFを作るのが経理の腕の見せ所。そんなことはどうでも良いので、試験と割り切り解答パターンをコツコツ覚える。

※CF計算書はSランクでも扱いはこの程度。他人が出来るレベルをやる。受験上ここで稼ぐのは任意であり、深くやりたきゃ簿記1級。

.

□A論点~頻出+暗記□

A論点とは、1次「財務」で問われるが「事例Ⅳ」では使わない知識。問題を解き直し、答え方を思い出せればそれで良し。

2原材料又は商品の仕入れによる支出
3人件費の支出とその他の営業支出
→営業収入と同じ考えを、仕入(原価)、人件費(販管費)にするとどうなるか。この論点を暗記するか、簿記知識を応用して通りすぎるかは、合格センスの差として意外に大事。

4その他の取引によるCF(小計以下の調整)
→「営業CF」は、投資CF・財務CFに含まない雑多ものを一手に引き受ける男気。でも出ない。

2投資活動によるCF
→試験上は、固定資産の期中取得・売却した時にBOX図で処理する解法パターンを体得。実務上は、投資有価証券・貸付金もここに含むが、試験に出ないので考えない。

3財務活動によるCF
→試験上は、長短資金を無制限に借りてしまうので、論点にならない。実務上は、株式・社債を発行する華やかな仕事だが、それはコーポレートファイナンスで扱うので、CF計算書としては出題しない。

※CF計算書はおカネを扱う。つまり企業活動の全てをここで扱う。真面目にやればいくらでも面白くなるが、今は試験合格を優先し、そこには深入りしない。

.

□B論点~理解論点□

B論点とは主に基礎知識。1次「財務」でもあまり問われず、「事例Ⅳ」には出てこない。過去問題数が少ないので、講義で何を言っていたか理解メモを残さないと、得点にならない。

該当なし

.

□C論点~おまけ論点□

C論点とは、過去出題があったため営業上収録されたり、逆に項目として存在するが「財務」「Ⅳ」では出題されない知識。追い掛けたらキリがないので、過去問で出た所だけ押さえる。

該当なし

.
■今日のまとめ■

さて、当記事読んだ初学スト生がオヤ?と気づくのは、

難関論点の割に、一口メモの文章量がやけに少ない。

それはCF計算書とは、財務諸表作成手順の一つにすぎず、あれこれ議論するものではないから。そして#6~9簿記論点で右往左往する過年度生を横目に、本来の重要度はS~Aだけど、

5年に1度しか出ない難関B論点なら、一旦「捨て」じゃね?

とあっさり割り切るのも短期合格センス。ではまとめ。

・「ボクのCF」を切々と語る先輩合格者に、「正味CF」⇔「CF計算書の違いは?」と訊いてみる。
・CF計算書あたりの簿記論点出題は多種多様。解き方を覚える学習では確実に苦手化。
・CF計算書論点は、理論・理屈よりまず問題を解く。理論は出ないし、出ても捨て。
・捨て論点⇔拾う論点を見極める眼力が、合格所要年数差。
byふうじん
ブログの謎が解けた時、最速スト合格へのゲームが始まる。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

Commented by 通行人 at 2016-11-23 09:04 x
5年に1回は間違い。23年第2問はCF計算書の問題。捨ては、誤り。
Commented by dojonagoya at 2016-11-23 11:25
通行人様、表現はプラスマイナスいずれであれブログの質向上へのご協力ありがとうございます。H23→H28で5年ぶりの出題で頻度B、初学スト生は「捨て」でも良い論点です。当ブログはその採否を鵜呑みにしない大人の方が読者層ですのでどうぞご安心いただき、ご自分の主張はどうぞお手製の方法でなされてはいかかでしょうか。
Commented by dojonagoya at 2016-11-23 13:22
通行人様、申し訳ございません。スマホ操作で誤って2通目のコメントを削除してしまい、格安ブログのため復活できません。
①「お子様」の点は、11/26(土)に関連記事UPしますので、そちらにコメントいただくか、お手数ですが先ほどのコメントを再掲お願いできますでしょうか。
②「2次の分析」については、文中リンクにも示した7/15記事をお目通しいただき、至らぬ点があればぜひそちらにコメント頂戴できますでしょうか。念のためアドレス記載いたします。
http://dojo6daime.exblog.jp/22996932/
なおⅣでの「CF計算書」出題頻度を改めて調べると、H18→H23→H28とキレイに5年サイクルとなっており、通行人様の指摘される「5年に1回は間違い」は間違いと回答いたします。
ご参考: http://rmc-oden.com/blog/archives/71770
Commented by 通行人 at 2016-11-23 22:15 x
25年度第2問もCF計算書の問題です。23年の後、28年まで出題されていないというのは誤りだと書きたかったのだが。年度を誤り申し訳ないです。
Commented by dojonagoya at 2016-11-24 01:10
通行人様、補足情報ありがとうございます。ただし、

>25年度第2問もCF計算書の問題

残念ですがこれは違います。H25年第2問(植物工場→設備投資の経済性計算)は、当記事が準拠するTACスピテキに従うと、

第5章 「意思決定会計」の経済的効果(正味CFまたはCF)(2015年スピテキではP.112)に該当します。

H23、H28出題の「CF計算書」とは、第9章「CF計算書の作成プロセス」で学ぶ内容です。主に間接法で、2期BS+1期PLから作ることが特徴ですね。記事の狙いが、このように「正味CF⇔CF計算書を混同しやすい」「あえて混同しやすく作問される」事実の指摘ですので、今回のコメントに大変感謝しております。

なお当コメントのやりとりは、「正味CF⇔CF計算書の混同を糺す」点で、今年「財務」を学ばれる方の理解向上に大変寄与します。明日朝に補足記事を作りますので、ぜひそちらにもご意見賜れますでしょうか。(byふうじん)
Commented by dojonagoya at 2016-11-24 01:15
ちなみに通行人様は、H25第2問を「これはキャッシュフロー計算書の問題なのです!」と指導される受験校に通われた、またはテキスト類で学習されたのでしょうか?それでしたら、当記事とは学習基準そのものが異なりますので、「H23、H25、H28と出題されている」旨のご主張は、他でやっていただけますと幸いです。
by dojonagoya | 2016-11-23 05:52 | 中小企業診断士試験 | Comments(6)

中小企業診断士一発合格道場からスピンアウトした6代目とその仲間たちのブログです。


by 中小企業診断士一発合格道場 6代目