人気ブログランキング |

タグ:紫雲和尚 ( 62 ) タグの人気記事

朝イチでクリック(投票)→ランクUP→1次記事に注目→競争原理で質向上。今月一杯実験中。

草木も眠る丑三つ時、如何お過ごしでしょうか。

中小企業診断士試験受験生が選ぶ「もっとも結婚したくない中小企業診断士」の投票で、見事2位のふうじんさまをぶっちぎり1位を獲得した和尚でございます。
(ふうじんによる2016年11月、東京の某予備校における出口調査)

いやあ、気持ちがいい、実に気持ちがいい。

和尚の生きざまとして、一番嫌なのが
「毒にも薬にもならない人間」
でありまして、人様に薬と思っていただけるのが一番よいのでしょうが、それが至らなければ、プラシーポ効果はおろか、毒となる方がよっぽどよい、という大いなるひねくれものでございます。

この10月からこのわたし、花の都大東京から略500キロ、といえども空港も新幹線もないところですので、東京から3時間強のところに常駐しております。
北海道や九州、いやはや沖縄よりも時間距離はたぷーりかかる、縁もゆかりもない東京の都会の皆様に

ここまで嫌われる(ほどムカつく野郎だと意識されている)

という事実は、それはそれは、こんな田舎者が口の端にのぼることにも光栄に思うことでございまして、

返礼といたしまして
「こんなクソ記事読んでムカついてるなら、寸暇を惜しんで勉強しやがれや!」
とのエールを贈呈し、今度こそ合格していただきたく、「頑張ってください、応援しています!」とここに宣言するのであります。

さて、これを、右のほほを殴られたなら左のほほも出せというキリスト様の教えなのか、はたまた、仏に会えば仏を斬り鬼に会えば鬼を斬るような、もう破れかぶれの生臭坊主なのか、その真実は己しか知らん。

和尚は和尚なりに深い(たまには深くないが)、自分が得たノウハウをみんなに取り入れていただければ必ずや受験に受かるはずと思って、ここで説法しているつもりではあるけれども、こうして絶賛応援しているのに、伝わらないとは寂しい限りである。

さて。

なんで、長らくここに投下しなかったかを、説明します。
それは、ふうじんさんが踊ってらっしゃるのをみて、
♪ゆらりゆらめいてそうよ私はダンシングドール
ってな具合でカラオケで歌ってたら、間違えて次の選曲してしまったのが

ももクロ


でございまして。
いまや、Perfumeを捨てて(いや捨ててはいないが)、にわかモノノフとなり候、
ってな具合でございまして、

こんなblog書いている暇があるなら、寸暇を惜しんでももクロ動画をみていたい、というのが本音であります。
うわーーーーーーーいヘ(゜ο°;)ノーー

このももクロについて、Perfumeとの比較表つくったり、全リリース曲をふうじんさんみたくSからBランクまでつけてみようかと思いましたが、

めんどくさいのでやめました。

いや、嫌われてるって聞いて、落ち込んでいたときに、Z伝説聞いたら頑張ろうというきになれた!
「負けないよ!」
最初は色と顔と名前が一致しないでしたが、もう既にコールも入れられるくらいになっとります。

でもさ、ももかがピンクではなく、百田もピンクではなく、うんでもって、もも色クローバーってな具合だから、ピンクがリーダーかと思ったら違うという、かなりいい加減な売り出し方しとります。

さて、本物のモノノフのお方は、このにわかモノノフ和尚は噴飯ものだと思うでしょう。人気が落ち目になってきたこの頃に、たった1ヶ月も満たない時期の新参ものでございますしね。

はい、やっと本題なのですが、CF計算書と正味CFの違いがわからん云々て誰やらが言うてましたが、

うん、わかってないっすね。

そもそも、CF計算書、ってのは厳然たる目的がある。それは
・現金の増減がどのような要因によって起こったか分解する
という目的であーる。
その目的に達せぬ限り、それはCF計算書と呼べない、と和尚は思っている。

そもそも、財務は目的により、使うツールが違うのだから、例えば身長を図る道具を「これは体重計だ!」というのは噴飯ものであり、それで体重計の役割を期待してもそれは無理すじのおはなしになってします。

よいですか?

CFの目的は、今期の現預金の増減を
・商売そのものによる増減
・商売(そのもの)外の資産の売買による増減
・金融による増減
に分解して、それで評論するものであるから、ふーじんさんが正味CFとCF計算書はちがうんだ、とくどいほどいうのもむべなるかな、である。

その目的を表現しないものはCF計算書とは呼べないだろう。

体重計の目盛だけ取り出して、これは体重計である、と言い切ることができないように、
営業CFだけ取り出して、これはCF計算書である、と言い切ることもできない。

すなわち、その目盛は当然体重計に使われることもあろうが、それだけではなく、他の物品秤に使われたりすることもあるだろう。

営業CFも同じことで、当然CF計算書の一部を構成する営業CFもあれば、有利子負債の償還能力を見る為に使用する場合もあれば、どこいらの設問のように、投資効果をみるという風にもつかうんですよん、

まま、診断士たるものこの辺の
「神様は細部に宿る」
という、言葉や用語に対する繊細さ、
てのも大事な素養だとおもはれ。

合掌


by dojonagoya | 2016-11-24 06:25 | 中小企業診断士試験 | Comments(2)
皆さん、お久しぶりです。
45点世代(6代目)のなかで、岡崎氏と「嫌いではない」という評価の中で低レベルな争いをやってる和尚です。

はい、和尚名古屋人を気取っておりましたが、10月から名古屋から110㎞くらい離れた僻地に左遷されましたゆえ、その地は携帯電話も繋がらないところもあるなど、まま「地方」とはなんたるか!ということを思い知らされている次第であります。

そんな中、
中小企業診断士試験業界(あるのか?そんなもの?)のトランプ氏と称されるふうじんさんの頑張りによって、このブログの人気も高まりまして、既に大統領当選も確実、と言われてます(ワケわからん)。

ですので、フリーライド(はい、この用語試験で出ますよ)させていただこうとこうしてシャシャリ出て来た次第です。

ただ、米国大統領選挙をみてて、ふと思ったこと。
下馬評では、クリントン優位と言われてたのに、選挙結果は逆。
これはなぜか?

一つの理由として、他人へ「俺はトランプ推し」と表明するのが恥ずいと思う人が、クリントン支持と外向きには表明してしまったのではないかと、そして投票ではトランプに投票という構図と、どっかで読みました。

翻って、このブログ。
「おら、ふうじんは嫌いだ!」
と言ってるにも関わらず、結構、Mな人(には限りませんが)はあの毒舌がたまらなくなってしまい、
毎日ここを覗いてしまう…。

ありがとうございます!!!
そして、ふうじんさま、
お誕生日おめでとうございます!

そんな人に支えられてこのブログは成り立っております。

一言だけ、ふうじんさまの記事擁護を行いたく。
(ふうじんさまはされたくないでしょうが)

和尚の尊敬する坊主に西行法師という方がおられます。平安末期~鎌倉期の僧でございます。

嘆けとて 月やは物を 思わする
かこち顔なる わが涙かな

という百人一首に採られている歌もあれば、

願わくば花の下にて春死なん その如月の望月のころ

なーんて歌を詠んだと思ったらほんまに2月に死んでるんですね、この人。有言実行というか。

でね

何事の
おはしますかは
知らねども
かたじけなさに
涙こぼるる

という歌を伊勢に詣でて(はい、和尚の境遇を知ってたらここで笑うところですよ!)作ってるんですよね、西行!

和尚なりの意訳は
「伊勢神宮に来たが、どんな神様が祀られているかはわたしゃ知らんのや。でも偉大なる神様が祀られているのはわかるですよ、だって、すごーく感動して涙が自然とちょちょ切れるんだもの」
というところかな。

わかるかな?

ふうじんさまの記事の深奥は何がかかれているのか、知らないんです、でもきっと診断士試験には役に立つことが書いてあるんだろうなっていうのはわかるんです。だって、読みたくなくても、「この記事読んでなきゃやべーぞ!」という気がするんですもの。

と相似するんですよね。

日本でのマーケティングはこういうところがあるような気がするんですよ、最近。

日本人の心性、というんですか?
自分では理解ができないんだけど、これはきっと尊いものなんだ!と思う気持ち。

これを破壊したのが、かの福沢諭吉で、神棚だったか神社だったかの中を開けてお札しか入ってないのを踏みつけて、またもとに戻して、人々がそれをありがたく拝んでるのを見て、どうのこうのという。

ああ、脱線してしまいました。

そんなことを言いたいのではなく。

とにかく、ふうじんさまに母屋を貸して軒をとられてしまったような和尚ですが、

また復活しますので、このブログ共々よろしくお願いします、てな感じで。

合掌。

追伸。
やはり、和尚に期待されているのは事例Ⅳしかないと思うので、近々H28の事例Ⅳについて、
受験には為にならない

実務には為になる
解説記事を企画しております。

よろしくねん。



↓クリック(投票)お願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
by dojonagoya | 2016-11-12 00:12 | 日々のつれづれ | Comments(3)
弥勒菩薩(と思います)半跏思惟像。
a0354838_17543556.jpg




















【弥勒菩薩:和尚解説】
釈迦の入滅後、56億7千万年後に現世に現れ、「悟り」を開き人々を救済すると言われている「菩薩」。

さて、2次試験受験生の皆さん、ここまできたら「悟り」開けてますか?
ここまできたら仕方がない、開き直りも技のうち、と思っとりました。

お久しぶりぶりの登場です。和尚でございます。
結局、受験生のみなさんの1次試験⇒2次試験への追い込み時、気力・体力・精神力ともどん底・・・この状態で何もできず、全国100万人の和尚ファソには大変ご迷惑をおかけしております。
かと言って現世のしがらみやらなんやらで、休日もロクに休めず、昨日(10月15日)はほぼ1日中臥せっておりました。やや体力回復によりこうしてブログを打っているわけであります。

そもそも、私にとって診断士試験をなぜ受けようと思ったのか、いや受けたのか、もう2年も前になったらその意気込みも遠く彼方に行っておりますが、ここへきて強く

2次試験 受けられるだけでも もうけもん

と思います。
今ジャストナウの和尚、多分来週日曜日試験会場について、朝から晩まで試験を受ける気力ありませんもん。
それも含めて「タイミング」もありますが、
試験を受けることができる「僥倖」、それを噛み締めながらこの1週間を過ごしていただきたい、そう思うわけであります。

さて、しがらみやらなんやら、と申し上げましたが、ランチ会でグチグチ言うこと・マラソンカラオケを目的に、某受験支援サークルの勉強会にちらほら顔を出しておりました。

そこで受験生の皆さんにお会いして、強く思ったことがあります。
それは・・・

大局を見ていない人が結構多い
(木を見て森を見ず、的な方が他年度生に多いような気が・・・)

これ、
こうして、この↑方に先に書かれてしまったのですが、
事例企業は、問題・課題の本質はなにか、この事例は何を問うているのか?を早いとこアテを付ける。
ことが大事なのではないかな?なんて思っとります。

あ、私は事例Ⅰ~Ⅲまでのことは語るに値しない人間ですが、
事例Ⅳについて申し上げれば
例えば、
CFとは何を意味するか?
ということを「大枠」で捉えていないのに、
正味CF、税引前営業CF、などなどの語句にこだわる方が、結構多いんだなというのが非常に気になりました。
で、勉強会では
「和尚、どういう時に●●CFって使うんですか?」
「知らん」
みたいな笑える問答を何度もやらせていただきました。

ホンマに知らんのだもん。

ただ、これだけは言えます。

「大きなククリで言って、(投資・財務以外の)CFとは、1年間でどれだけ現預金を捻出できるかを示す指標であり、①将来的な投資CFに充当する、②借入金の返済(=財務CF)に充当する、③これでもって現在価値を測る、の3つの用途に使用する」

くらいしか、私は覚えておりません。

あまりにもあらっぽすぎるかもしれませんが、ここを押さえておかないと、試験時に「誤読」の可能性さえあるかと思われます。

(ここから分かる人のみ読んでください・・・これができるのも裏ブログゆえ)
例えば、あなたがバンドでギター(キーボードでもよし)をやってて、
コードを引き間違えて
①Gと間違えてEmを弾いてしまった
②Gと間違えてFを弾いてしまった
前者なら許されますが、後者は許される度合いは少ないでしょう。①のコード同士は本質的には同じですが、②のコードは本質的に違います。

ということで(なんのこっちゃ)
本質を知った上で「神様は細部に宿る」でならOKなのですが、本質を知らずしてふうじんさまの記事を読んだところで・・・な感じなので、お気をつけなされて!

相変わらず、何が言いたいのかわからぬ和尚でございました。

合掌。



↓クリック(投票)お願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

by dojonagoya | 2016-10-16 19:36 | 中小企業診断士試験 | Comments(0)
さてさて、中1日で登板の和尚です。
いたく、ふうじんさまが、私の投げた記事を気に入ってもらえて恐縮しきりなのと、
はたまた、ふうじんさまも、よを忍ぶ仮の姿ではそんな会話でのボタンの掛け違いにイライラしているのであれば、
結構、和尚と似た社会人生活をしているのではないかと、
ニヤリとしてしまう和尚であります。

そこで、もういくつか、会社での場面を思い起こしながら、お話をしましょうかね。

えっと、日本語って論理的ではない、とよく言われます。
それが解るほど、英語や外国語に達者ではないので、そこは突っ込まずに話を進めますが、

たとえば、
「あからさまに言わないことが美徳」
という風潮があります。

例えば、お断りの文句でも
「考えておきます」
「また次の機会に」
とか、そういう言葉でお前、解れよ!みたいな空気がありますよね。
「結構です」
とか言ったら次はない、みたいな。

でもさ、前回挙げた事例ってよくあるんだよね。
私が思うに
「事実を婉曲に表現する、ではなく、事実が違うものになって返ってくる」
っような感じというか。

キャッチボールをしてて、野球のボールを投げたらバスケットボールが返ってきた、みたいな解答、よく読みます。

だから、ワタシャ個人的には嫌いなんだけど、理由を問われたら
「理由は・・・」から文章を始めろ
とか、そういうルールを使っても、内容は派生した出来事だったり。

女性に告白したときに
「なんで、私のことを好きになったの?」
と聞かれて、
「空が青かったから」
とか答えたらromanticではありますが、解答にはならない。

「我輩は猫である。名前はまだない」
と言ったって、広義で言えば、「猫」という名詞カテゴリに入るし、猫ひろしがこう発言したなら、論理的におかしい。

「古池や かわず飛び込む 水の音」
古池に飛び込んだのは、本当に蛙だったのか、石を投げただけだったのではないか?

「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び・・・」
もう、論理的には破綻してますよね。耐えられないことを耐えるとはいかなることなのか? 耐えたのか、耐えてないのか、どっちなんや!

てなわけで日本語というのは、ロジカルではないのはわかりましたよね。
(ま、日本語だけではないだろうが)

試験なんて、前提条件が決まっているから、上記の言葉を猫ひろしが言っていないことは明らかである上での、「論理」だから、数倍試験の方がピンポイントで答えられる・・・はずだと思う。

とかく、試験対策でテクニックばかり磨くのではなくて、
こういう思考回路の柔軟さに思いをはせてみる、というのも大事なことだと思います。

だってさ、中小企業診断士って、ロジカル破綻してる人(言い過ぎ(笑))のざれ言から
「事実は何か?」
ということを抽出するんだからさ、

大学のお偉いセンセが作った文章のほうがよっぽど読み取りやすいって。

ね。

合掌。





↓クリック(投票)お願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

by dojonagoya | 2016-08-31 23:58 | エッセイ | Comments(0)
かなり、ここいら参っていた和尚です。こんばんは

頑張って書こうとしていたんだけど
夏バテ、というよりどうもモチベーション低下が著しく、
なんだか筆が進みませんでした、

他の皆様、このblog存続させていただいて感謝します。

さて、読者の皆様。
そろそろ2次試験も近づいて来ましたよね。

なんで書こうかと思ったのかと申しますと
「昨日社労士試験の受験生を地下鉄で多量に見かけた」
からでございます、。♪ああもう2年たつなあって
(大塚愛・さくらんぼ、より)

それはさておき、こないだタ○プロの勉強会に出させてもらって、かなり基本的な話も言っておいた方がよいなあ、なんて思ってまして、それだけ書いて寝ようと思っています。

それは
「聞かれたことに正確に答えましょう」
ってこと。

受験生と対話していると、どうもその辺が気になってしまった和尚でありまして、例えば、
「あんた背が高いね、身長どれだけあるの?」
と聞かれて
「70キロです」
とか答えているような、そんな分かりやすく間違えてはいないけど、どうもその辺の基本的なことをすっとばして、テクニックに走るような、そんな感触もえたものですから。

聞かれたことに正確に答える。
簡単なようで難しいことです。

まずは、設問をよく読み、ストレートに返す訓練をするのが大事だと思いますよ。

訓練法としては、会社などで、自分も含めて正確に上司などの質問に答えられているかチェックしてみる。

「おい、君、ふうじん商事との契約は締結できるのか?」
「はい、ふうじん商事の仕入管理部長が海外出張行ってアポイントがとれないので
・・・」

アウトです。

契約が締結できるかどうかを聞いているのであって、アポはどうでもよい、

このような会話、結構日本ではなされているのではないでしょうか。

和尚は、こういうところを突っ込みいれつつ、2次試験に備えていましたよ

では、健闘を祈ります

合掌


・・・・あれ?オチなし?

by dojonagoya | 2016-08-29 20:37 | 中小企業診断士試験 | Comments(0)
全国2万人の中小企業診断士試験受験生のみなさん、こんばんは。
和尚でございます。

また1次試験受けられた方はお疲れ様でございました。
今日は自己採点をする気にもなれぬかもしれませんが、とりあえずは終わった感触を味わってゆっくり休んでくださいまし。

でも、勝負はこれから!ですよ。
2次試験まであと11週間というところでございます。

で、それに伴い、名古屋地区限定ではありますが、
わが盟友なごが、
「和尚!セミナー開きましょうよ!」
という誘いに乗っかり、和尚ものこのこと出て行きます!
題して
なご&和尚が帰ってきた!中小企業診断士2次対策セミナー!
でございます。

財務担当の和尚は、いまのところ過去記事の解説となる模様でありますが、
(大いなるリサイクル、ですな)
ただ、結構過去自画自賛のようですが、結構おもろい記事書いてあります。
でで、いま(2016年8月6日18時45分現在)のところ
申込者0!泣!
てなわけで、ここで勝手に告知させてもらいます!

開催概要

日時2016年08月11日(13時30分~16時)
開催場所西生涯学習センター(名古屋市)
参加費500円(税込)
定員15人(先着順)
申し込み開始2016年07月31日 18時00分から
申し込み終了2016年08月11日 12時00分まで

http://kokucheese.com/event/index/416568/


みなさん、よろしくお願いします!

合掌。
↓クリック(投票)お願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


by dojonagoya | 2016-08-07 18:00 | 中小企業診断士試験 | Comments(2)
和尚です。
寝不足です。
中年の倦怠感が抜けません。
でも夏ばてではなさそうなんですが、なかなかやる気がおきません。

道場の盟友、なごと和尚でこういうチャットが、8月になされたのでありました。

なご「和尚、実は、相談があるんだけど」
和尚「改まって、なになになに?」
なご「いいにくいなあ・・・」
和尚「何でも言ってくださいまし」
なご「実は・・・」
和尚「・・・」
なご「・・・」
和尚「・・・」
なご「セミナーがやりたいっ!!!」
和尚「やろう!」

てなことで、急遽思いつきで、決めてしまいました。
ということで、
来る8月11日山の日
(リンク先見てね!)
を開催します!

とはいっても
告知ももう1週間しかないし、
少人数でしかやれないだろうから、みっちりといろんな話ができます。

来なかったら、なご&和尚で昼間から酒を飲むことになると思います。

だから、皆さん、来てください。

ネタは今考え中ですから
ここの「あとがき」ふうじん記事からパクッてお話しようかと思っています。
(おいおい)

ま、担当はたぶん財務になるかと思うんだけど、
出る概念の大枠をお話できればなあとか思っております。

とうぜんながらなご担当は
事例Ⅰ~Ⅲで。

たぶん某予備校とかでは聞けない、お話もできるんじゃないかな?

とかとか、思っております。


疲れていてどうもリンクを忘れておられたようなので、わたしが張っておきました。

てなわけで、みなさん来てね!


↓クリック(投票)お願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


by dojonagoya | 2016-08-04 19:49 | 中小企業診断士試験 | Comments(0)

和尚の夏休み


はい、世間ではいろいろ騒がしい事件が起こっているようでありますが、
和尚の身の回りでも、大変な騒ぎになっております。
というのも、和尚の癖に最近は
「数秘学」
ていうものにはまっておりまして、自分自身これから僧職ではなく
「占い診断士」
を目指そうかと常日頃思っているところであります。
ああ、その話ではなく。
その数秘学によれば、和尚にとっての2016年7月は
「22」
の月であり、これは
「嵐を呼ぶ」「典に試される」
という意味があり、まさしく試されまくりの1ヶ月でありました。

ゆえに、本日7月の最後の日でありますが、この厄落としをすべく
「知多直伝弘法88ヶ所巡り」
を一部敢行してまいりました。はい、いわゆるお遍路さんです。
a0354838_15584648.jpg
はい、こんな感じです、この直伝さん、ってのは自分でご朱印を押すところが多く、なかなか難しいんでございます。
この無宗教の日本人の悪い癖を和尚も体現しておりますです。数秘といってたらこのように仏教に回避するなんて、真摯な仏教徒にとっては噴飯ものでありますよね。

それはさておき、1次試験まであと1週間となりましたよね。
すでに、和尚の記憶からは「もう2年たつな~って」byさくらんぼ
という感じもしますが、最後の追い込み、してらっしゃることだと思います。

でもね、いま思いかえすと、和尚、このなんちゃってお遍路さんやりながら行き帰りの電車のなかでは
「中小企業診断士の問題集やってた」
ことを思い出しました。

今日お遍路さん回ってて、なんだか物足りないなあと思ったところが
「行き帰りの切羽詰まった緊張感がない」
というところでありましょうか。

支援を依頼された業界本を電車では読んでおりましたが、
それも切羽詰まったものではないのがやや寂しい限りであります。

というと、受かったヤツは・・・とか批判を受けるかもしれませんが、
この追い詰められた経験ってのが、いろいろ人生では味をもってくるなあ、と最近おっさんになって、欲思うわけであります。

てなわけで、あと1週間たらず、追い詰められた気持ちを楽しみながらやってまいりましょう!


↓クリック(投票)お願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


by dojonagoya | 2016-07-31 18:00 | 日々のつれづれ | Comments(0)
CFをテクだけで解くなんてありえねー!
こんなに和尚は怒っているのだ!
a0354838_21431134.jpg
こんばんは、イラストが大きすぎる和尚っす。
どのようにしたら、もっとテキトーな大きさになるかよくわかってないのです。
挑発系のふうじんさまが財務特攻、もとい特講を始められましたので、もう出番がないと思われているいじけむしの和尚です。
はい、素晴らしい記事ですよね。
和尚の記事なんて読む必要ないっすよね。
心理学やってたのに、マズローもあんだけ解説されたら、出る幕ありませんよね。
とかとか、言ってみたりしますが、

まま、CFについては、もう
をお読みいただければ良いのですが、
なんか、和尚和尚と立てていただいているるようですので、私もレスペクトしてやってみます。

この中でも秀逸なところが、↓でございます。(勝手にパクってしまいました、ごめんなさい、ふううじんさま)

【ふうじんさんの秀逸な部分①】
CF計算書の出題は
数字のお尻が±0になってピタリと当たり、知ってる⇔知らないで20点の差が開く

営業CF+投資CF+財務CF=当期Cash増減額


■■■■■■■■■■
ここですね。意外とこれがわかってない人が大杉。
要するに、この式は逆で、当期の現預金の増減を、営業、投資、財務の3つの増減に分解して説明したもの、と言ったほうが良いかな?とか思ったりしてます。
当たり前の話だけど、当期の現預金の増減≠当期利益、ですからね!
だから上記の式は移項することができるし、現預金増減-財務CF=営業CF+投資CFと言い換えることもできる、あまり意味ないことだけど。


【ふうじんさんの秀逸な部分②】
そもそもBS・PL作成能力を問わない試験で、
CF作成能力だけ求めるのは何か変。
と誰も指摘しないのが診断士受験界。
そうなる理由は、
CF計算書(昨年のコト)⇔FCF算出(ミライのコト)を、
受験界総出で混同してるから。
■■■■■■■■■■
ですよねーーーーーー。
わかってない。CF計算書ってのは去年のことを言ってるわけであって、
FCFってのは、未来の投資にかかる指標となるべき数値。
でね、受験生の皆様は、
「その語句の意味するところ」
考えておられないような、そんな気がするのです。
先週のレバレッジもテコの意味するところを考えてみれば、イメージングでなんとなーくでも捉えられると思いますが、
暗記に頼るもんだから、忘れたら取り返しがつかない。

このFCFも「字義」は何を示しているのか?
フリーキャッシュフロー=直訳すれば自由なお金の流れ
すなわち、期中に「自由に使用できるお金の額」であります。

それは言い換えれば
「毎期に経常的に起こりうる収益、費用などを取り去ったあとの、手元に残るお金」
となります。
それは、それが当期の現預金の増減じゃねーの?
といってはそれはちょっと違う。

結局、営業活動をするためには、絶対的に毎期必要となるお金がいります。
原材料、人件費などのコストは当然ながら、買いたい買いたくない(これを意思決定と呼びます)を決断するかしないかにかかわらず、
たとえば、運送業におけるトラックの買い替え更新などは、設備投資といえども、意思決定の有無にかかわらず、必ずといっていいほど必須のものになります。
これを、営業CFから差し引いたものがFCFと言って、このFCFをもって
①非定型な設備投資を行うか
②有利子負債の返済や調達を考えるか
の「意思決定をする」
ことになります。

上記①②は未来の決定を行うためのものですから、ふうじんさんは「ミライ」なのだ!とおっしゃるわけですわ。
ここがCF計算書の面白いところであり、キモだと思うわけですわ。


【ふうじんさんの秀逸な部分③】
~FCFの公式を使って確認~
①FCF=営業利益×0.6+減価償却費―設備投資額±運転資本の増減 ←ココ重要
②FCF=営業CF+投資CF
③営業CF(CF計算書)=経常利益+非資金費用-法人税等±運転資本の増減
※ファイナンスには無数の解き方があり、「これが正!」という定義はない。法律で言えば、成文法でなく慣習法。上記公式はわかりやすさ優先で、多少デフォルメ。より正しい定義は各自のテキストで確認願います。
■■■■■■■■■■
ささ、ここからが和尚の本領発揮ですよ。
さすが、ふうじんさん。※で解説を加えていただいてますが、先ほど私が述べた例も「和尚ver」の考え方でありますので、絶対的というわけではありません。
和尚の肌感覚で言えば、さっきの繰り返しになりますが、
②ってのは正確には
営業CF+投資CFのうち毎年定期的に行われる設備投資
って感じがします。

②については、「残余CF」ということで表す、となにかの本で見たような気もします。

さて、時間もなくなってまいりましたので・・・あれ?
ここで一旦終えたいと思います。
昨日も書いたし、ま、いいか!

次回は運転資本とかについて解説できたらな!とか思っとります。
ROEとかはまた今度・・・皆さんリクエストしてくれているのに申し訳ないと思っております。

↓クリック(投票)お願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


by dojonagoya | 2016-07-17 18:00 | 中小企業診断士試験 | Comments(2)
こんばんは!
サタデーイブニングをいかがお過ごしですか?
紫雲和尚っす。

中小企業診断士の受験生には悪いんですが、
みなさんが、1次試験の追い込みをされている中、
私は本日、中小企業診断士のつばさん
五時間マラソンカラオケ
を、敢行してまいりました。はい、喉が潰れそうでしたよ。

a0354838_22275765.jpg
いやあ、ストレス発散になったなった!
ではさよーなら、ではなく、本題。

カラオケ言ったら、歌オンリーになりましたが、その前に昼からアルコールを補給しつつ、中小企業診断士ブログのあり方について議論になりました。
まま、このブログは、和尚が入っているのでおちゃらけブログではありますが、
(いや、和尚以外は全くのプロ並みの文章を書かれておりますね)

診断士ブログの中には、厳しいブログの運営基準を設けているところもありまして、せっかくよい文章を書かれても、

ボツになる

という厳しい掟があるところもあるようで。
このブログに所属させていただいて、本当に和尚は幸せ者だな、と思う次第でございます。

で、彼の書いた「ボツ」になったブログ記事、和尚は大変感銘を受けました。

そこで、企画として、その文章をここに掲載させていただこうと思います。
きっと、中小企業診断士試験ブログ(これでいいんですよね)を書こうと思っている中小企業診断士にも役立つ内容であると思われます。

ささ、どうぞ!

☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*

つばさんです♠

「毎週日曜日は名古屋の日!!」
日曜日は名古屋のメンバーから情報をお届け致します

この期に及んで、試験と関係ないこと書いてるので、試験のことで頭一杯マンはスルーして下さい。ブタの話ですから。
a0354838_22080403.jpg
さてさて、古来、家畜は食用以外に様々な恩恵を人間にもたらしました。ヒツジの毛は寒さから体を守ってくれるし、馬や牛は移動や農耕を助けてくれます。しかし、これ対してブタは近代に至るまで、ほぼ食用のみを目的として飼育されれています。

あらためてブタの特性を見てみると、人間の残飯はおろか排泄物まで飼料にできるほど「何でも食べる」食性、子供をたくさん産み、成長も早く、餌さえ十分にあれば容易に増やすことができます。犬ほどの大きさで扱いやすく、食味もいい。つまり、ブタほど食用に適した動物はいないといえます。

皆さんは、ブタがイノシシを家畜化したものだということをご存知だと思います。ブタが飼育されだしたのは1万年程前と言われており、中石器時代に相当します。なんでこの時代かというと、ちょうど農耕がはじまった時期で、食欲が旺盛なブタを飼うために、安定した食料生産ができるようになったからです。

a0354838_22361732.jpg

現在分かっている限りでは、中国の広西チワン族自治区、桂林市の遺跡から紀元前8,000年頃のものとされるブタの骨が、人間による家畜化に関する最古の遺物です。その他、スイスやエジプトなどで紀元前,000年~紀元前4,000年頃のブタの骨が発見されていて、農耕生活への移行期に世界規模でブタが家畜化されていたことが分かります。

原文字が現れたのが紀元前7,000年頃で、すでに家畜あるいはブタを表す文字があります。象形文字は、母ブタが横になり子ブタに乳を飲ませている姿で、やがて漢字の「豕」(いのこ)になります。何となく面影がが残っているのが面白いですね。もちろん「豚」にもしっかり受け継がれています。

他に「家」にも「豕」が含まれています。中国では古来、ブタを飼育することは当たり前で、大事な財産でもありました。住居に付属する小屋で大切に飼育していたので、これらが転じて「家」の意味を持つようになったようです。現在でも、世界で飼育されているブタの約半数は、中国で飼育されています。

ところで、そんな人間のベストパートナーのブタですが、禁忌としている人々もいます。イスラム教徒はブタ肉食をタブーとしているのは有名ですし、ユダヤ教でもブタは不浄の動物として忌避されています。いったいなぜなのでしょうか。

その起源は、エジプトにあると言われています。もともと、新石器時代からブタを食用のために飼育し、その姿が壁画に描かれているエジプトですが、第3王朝時代に突如としてブタ肉食を禁じました。
ブタは不潔な環境にも強く、それがかえって病原菌や寄生虫を多く宿すこととなり、生食すると健康を害すことがあるため、おそらくこれを理由に不浄の動物とみなされるようになったのでしょう。

その後、第18王朝時代に再び食されるようになりますが、すっかり不浄のイメージが定着してしまいました。ギリシャ人著述家ヘロドトスも、「エジブト人は、”ブタ肉を食べると病になる”といって触れることすら嫌がり、ブタ飼いは穢れた職業として神殿への入場を禁止された」と記しています。エジプトにおけるこうしたブタに対する不浄視が、当時エジプトに流入していたユダヤ人に伝わり、後にイスラム教へと受け継がれていったと考えられます。

では、イスラム教と同じくユダヤ教の影響を強く受けるキリスト教では、なぜブタ肉食が禁止されなかったのでしょうか。当初、キリスト教は、地中海沿岸の諸地方への布教を盛んに行っていました。その中にギリシャがあります。
グルメで名高いローマ人は、ブタを「生まれながらのご馳走」と呼ぶほど愛しており、ブタの刻印の貨幣を作ったり、儀式や祭りに子ブタを捧げるなど、ブタを特別な存在としていました。あまりにもブタを好んで食べるローマ人に「ブタを食べるな」などという方がよっぽどタブーであり、それこそ布教もままならないと考えて、ブタ肉食の禁忌を戒律から外したのではないかといわれています。
a0354838_22075717.jpg
そうです、顧客のニーズに合わせるのはマーケティングの基本ですね!というわけで、上手く話しがまとまったところで今回の話しはここまでにしようと思います。

♥♥♥♥
■■■■では、名古屋、東京、大阪3拠点で勉強会を開催しています。ご参加をお待ちしております!

【勉強会・セミナーの詳細、お申込みはこちらのページから】

========================
皆様の応援が■■■■の原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
========================

☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*

ささ、いかがでございましたか。
伏字やいろいろ、和尚が手を加えましたが、文章としての完成度は、いい感じにまとまっている、と申し上げても良さそうな感じなのに、

なんでボツになるんか、和尚にはわかりません。

もしかしたら、経営学で豚の禁忌に関するイノベーションが出題されるかもしれませんし、
そもそも、ユダヤ人の記述から、経済に関してはユダヤ人抜きに語ることはできませんから、ここも出題があるかもしれません。

さらに。
財務においても、ブタの減価償却における耐用年数、3年と出るかもしれませんし、
ついでに言うと、話にでた羊は、種付け用は3年、その他は5年です。
一応リンク貼っときます。

てなわけで、1次試験においては、このように一見役に立たない文章でも、結局のところ

読み手の感性

によりけり、ということができるのではないか?

そう思うのであります。

では、みなさん、明日までさよーなら!



by dojonagoya | 2016-07-16 22:45 | エッセイ | Comments(0)

中小企業診断士一発合格道場からスピンアウトした6代目とその仲間たちのブログです。


by 中小企業診断士一発合格道場 6代目